ドラクエ10攻略 検証ブログ

ぼくの好きな漫画100選 100~91位

 

僕は漫画が大好きだ。

 

僕のおぼろげな記憶によると、人生で初めて購入した漫画はコミックボンボン。
親戚だったか、誰だったのかは忘れたが、誰か親の知り合いが入院をして、そのお見舞いに行った際に、親が病室で話しこんでしまい、これでアイスでも買ってきて食べてなさいと渡された1,000円札。
僕は病院の売店に行き、アイスを買おうとしたのだが、ふとアイスの冷凍庫の横を見ると、漫画が置いてあった。
その表紙にはガンダム。
「これカードダスのやつだ!」
近所のお兄ちゃんが僕に自慢してきたキラカード。
そのキャラクターがなんなのかすらわかっていなかった僕だったが、そのカードに描かれていたキャラクターが表紙にも描かれている。
僕は1,000円札を使い、その漫画を購入した。
それがコミックボンボンだったわけだが、購入してテンションが上がって、早速病室に戻った僕は見事に叱られた。
「アイスっていったのに漫画なんて高いもの買って!」
一瞬泣きそうになったが、それよりも漫画の中身が気になって仕方がなかったので、ハサミを借りて、ビニールの紐を切って、いそいそと病室で読みふけった。

 

最初は漫画をどうやって読めばいいのかもわからなかったが、何度も何度も繰り返しボンボンを読んでいるうちに読み方がわかってきたのが嬉しかったのを記憶している。
右上から左上に読んで、そしたら右下に目線を落として、左下にいって、次のページにいって・・・
なるほどこうやって読むのかー!

 

漫画って知らない世界や、現実ではできない事や、変なキャラクターや、とにかくワクワクする事がいっぱい詰まってる!
すごいなー。

 

そしてボンボンを読んでいて、途中で重要な事に気づいた。
これ、終わってない!続いてる!
沢山の漫画が掲載されていたボンボンだが、どの話も終わる事がなく、「続く」となっている。
来月に発売するボンボンでこの続きが読めるんだ!
読みたい!
読みたくてたまらない!
お母さん、ボンボン来月も買ってよ!

 

お母さんは僕に漢字の書き取りを家で毎日100個やる事を条件に、毎月ボンボンを買ってあげると約束してくれた。
それから3年ほどだろうか。
僕はボンボンを読み続けた。
漢字の書き取りは3日でやめた。

 

これが僕と漫画の最初の出会いだった。


というわけで一部の方々のリクエストにお答えして、超想い腰をあげて、僕の好きな漫画を100本選びました。
選ぶ作業は困難を極め、途中で何度もめんどくせーから今度でいいや・・・となりつつようやくアップできるところまできました。
正直ゲームと違って漫画は読んでいる作品数の桁が文字通り違うので選ぶのがめちゃ大変なんですよ。
ゲームは多分クリアした本数ってせいぜい1000~1500本ぐらいだと思うんですが、漫画に関しては恐らくトータル5000本ぐらいは読んでいると思います。
・・・いやもっとかもしれません。
正直数えられないです。

 

なんせ僕は未だに週間漫画雑誌を8冊ほど毎週読んでおり、月間漫画雑誌も3冊読んでおり、ほぼ毎週1回は6時間コースで漫画喫茶に通っているのです。
漫画読破に費やしている時間は常人とは比べ物にならないのです。
ていうか僕は日ごろ、ほとんど仕事をしていないので暇なんですねw

 

しかし日本は素晴らしいですよね。
仕事もせずにこれだけ漫画を読みまくっていても、どんどん新作が世に流通し、読むものがねーよ!という状態になる事がないのです。
というよりは読みたいけど読む時間がないよーという漫画が年々溜まる一方で、死ぬまでかかっても読みきれない気すらします。
そんな素晴らしい日本の文化である漫画。
頑張って100本選びましたので、この記事を読んだ方々にとって1冊でも良い出会いの機会となれば幸いです。

 

それでは前置きが長くなりましたが、今回は100位から91位までいってみたいと思います。

 

■100本選ルール

同一の作者の漫画は最大2種まで(そうしないと手塚だらけになるw)
連載終了または連載開始後3年以上経過している作品のみエントリー

・・・という2点のルールのみで選出しました。


 

100位:ハイスコアガール/押切蓮介
ハイスコアガール(1) (ビッグガンガンコミックススーパー)
1990年代のゲームセンターを中心としたラブコメ要素強めのゲーム漫画。
残念ながら現在、著作権問題の絡みで連載がストップしてしまっている。
恐ろしいほどノスタルジックを感じさせてくれるため、90年代にゲームセンターに通った人間にとっては必読のクオリティ。
ゲームセンターに通いつめた者にしか絶対に描けない世界がそこには広がっている。
ゲームが滅茶苦茶上手いヒロイン、徐々に上達していくサブヒロインと両方とも可愛い。
でも当時のゲーセンに可愛い子など皆無だった。
プリクラコーナー&メダルコーナーを除けば基本的にはヤンキーとオタクしかいなかった。
その辺りがファンタジーになっているのも逆に良いと思うw
思い出とはえてして美化されるものである。

 

99位:電撃!ピカチュウ/おのとしひろ
電撃ピカチュウ 1~最新巻(てんとう虫コミックススペシャル) [マーケットプレイス コミックセット]
数多くのコミカライズがなされたポケットモンスター。
しかし数多あるポケモン漫画の中で、これこそが超正統派であり、超公式であり、原作者に田尻智の名前が刻まれている究極のポケモンコミックなのだ。
女キャラクターがどれも妙にエッチな感じで描かれており、幼児向け雑誌であるコロコロコミックの限界に挑戦しようとする作者の心意気が感じられた。
ちなみに作者はその後いわゆるエロ漫画家に転身した。
色んな意味で少年達に夢を与えた作品であった・・・。

 

98位:混沌大陸パンゲア/山野一
混沌大陸パンゲア
自称漫画好きどもをケチらすサブカルパワーが炸裂しているパンゲア。
筆者はいわゆる暗部を描く漫画家なのだが、インテリで多分こじらせちゃった系。
きっといっしょにお酒を飲んだら凄く楽しいタイプ。
とりあえず漫画好きを自称していて何好きなのって聞かれる度に「スラムダンク最高」とか言っちゃってるゴミどもはこれでも読んで世界を知れよな(僕もスラムダンク大好きです)。

 

97位:少年エスパーねじめ/尾玉なみえ
少年エスパーねじめ<完全版> (シリウスKC)
やってきたぜ!ジャンプキッズ魂!
そうです、僕はジャンプ大好き!
何だかんだいって一番売れ続けた漫画雑誌だし、最高にエキサイティングで面白い漫画がいっぱいありますよね!
そうです、皆大好き少年エスパーねじめですよ!
これぞジャンプを代表する名作!
読まずしてジャンプを語れるか!
ぎゅわんぎゅわんぶん回されるねじれたギャグに思わず仰天!

なんて冗談はさておき、これ連載当時は2chの漫画板でめっちゃ盛り上がってたのを思い出します。
12話打ち切りでコミックス即廃刊になって絶対プレミアつくから皆買おうぜ!みたいな書き込みした覚えがあるw
(実際には20週もの長期連載となった)

 

96位:新宿スワン/和久井健
新宿スワン(1)
アウトロー漫画としてかなりの長寿漫画となりましたね。
こういう漫画はリアルさだけを追求するとあまり面白く描けないと思うのですが、いい具合にデフォルメとファンタジックに描けていたなあと感じます。
この漫画が連載され始めた頃はちょうど僕は頻繁に歌舞伎町で遊んでいた時期だったのでそんな私生活もあってか毎週楽しく読む事ができました。
歌舞伎町で遊んでいた割にホストとかスカウトをやっている人々とは全く関わりがなかったので、すぐ近くにあるけど知らない世界を知るという意味でも楽しめました。
ちなみにキャバクラ嬢とだけは結構関わりがあった事をお伝えしておきます。
歌舞伎町のアルプス、もう何年も行ってないけど久々に行きたいなあ・・・。

 

95位:惡の華/押見修造
惡の華(1)
青臭い作者による青臭い漫画という事で、僕はこういうのを読んでいると全身がむずがゆくなってきてしまいます。
登場人物の女性の描写がイチイチもてない男性視点で描かれているのが伝わってくるのがたまりませんね。
多分作者は相当モテないタイプなのだと思います(もしくは今はモテていたとしても学生時代はモテていなかった)。
こういったモテない人間が描く女性というのは非常に魅力的に描かれるケースが多いと僕は感じていて、メイン登場人物の3名の女性全てがそれぞれ別々の魅力を放っていました。
ちなみに僕は断然、常磐文が好きです。
まああんな女いねーけどなw

 

94位:ストロボライト/青山景
ストロボライト
1冊完結の恋愛漫画として、非常に完成度が高く、更に毒っ気もないので万人にオススメができてしまうという困ってしまうぐらいステキな漫画。
メタ的表現をギャグ漫画ではなく恋愛漫画で用いたらこうなるのか!という驚きもあり、作者の非凡な才能を感じさせた。
CONTINUEというゲーム中心のサブカル雑誌に連載されていたが、この漫画が読みたくて連載中だけCONTINUEを購入していたほどの良作だった。
非常に残念な事に2011年に作者が自殺してしまった事によって、連載中だった「よいこの黙示録」は未完のまま終わってしまった。
32歳だったそうで、よいこの黙示録は筆者を代表する名作になる予感がビシビシと伝わってきた。
一読者としてただただ悲しかった。

マイナー漫画ではあるが、誰にでもさらりと楽しめる名作だと思うので未読の人は是非手にとってみてください。

 

93位:赤色エレジー/林静一
赤色エレジー (小学館文庫)
日本漫画の古典の一つだと思っている一冊。
あえて台詞を削り、読者に対して行間を読ませるかのような作りになっている。
内容は若い男女の同棲生活を描いたもので、今の漫画に慣れていると当然古臭く感じるわけだけど、でもやはり他の漫画家には真似ができそうにもない異彩を放っていて、独特の魅力がある。
誰もが知っているであろう小梅のパッケージは作者が書いている。

 

92位:彼氏彼女の事情/津田雅美
彼氏彼女の事情 1 (花とゆめコミックス)
赤色エレジーの次がこれかよ・・・と自分でもちょっと思ったが、好きな順に並べたらこうなっていたので仕方がない。
庵野秀明監督でアニメ化されたので男の人でも知っているだろうがLaLaで連載されていた少女マンガ。
群像恋愛コメディモノといった感じで1巻の仕上がりはほぼ完璧。
乙女が描く理想的お花畑かつハイパーインフレした世界がそこにある。
出てくる登場人物ほぼ全員が何らかの天才。
徐々にパワーダウンしていく後半には目も当てられないが、これも人気漫画の宿命か。
拳銃の描写がネタにしか思えない。

 

91位:BOYS BE…/イタバシマサヒロ、玉越博幸
BOYS BE・・・(1)
赤色エレジー、カレカノときてこれかよ!と自分でもまたもやちょっと思うところあったが、特に意図して並べたわけではないからやっぱり仕方がない。
90年代のDT少年の恋愛教科書として君臨した、ある種の教典である。
1話完結で毎回登場人物が異なるにも関わらずよくもまあこれだけネタがあるなあと当時から感心していた。
それだけに男女というのは星の数ほどの出会いと別れ、物語があるって事なんDANE!


 

なぜか恋愛モノが多かった気がする100位~91位。
どれも100本に選ばれるわけなので素晴らしき良著に変わりはないのですが、ここはゲームブログなのでハイスコアガールを推薦しておく事にしておきます。
90年代にゲームセンターに頻繁に通っていた人ならマストバイであります。


ドラゴンクエストX ブログランキングへ

スポンサーリンク
   

関連記事


コメント

    • かげとら
    • 2015年 7月 19日

    打ち切り系だと風飛び一斗が好きでした。前作のかっ飛び一斗のキャラが出始めてきてこれからというタイミングで月刊ジャンプ廃刊に伴う打ち切りですごい半端な終わり方でショックでしたね(・_・;
    少女漫画系ではコンプレックス193というギャグ系の学園漫画が面白かったですよ。

    • ゆきのん
    • 2015年 7月 17日

    カレカノは自分が少女漫画も読みだしたきっかけの作品です。時折、ゆきのを筆頭にカレカノメイトで繰り広げられるぶっちゃけトークがおもしろかったです。

    • 2015年 7月 17日

    ねじめキターw マコリプは詠み切りは良かったけど、連載はイマイチだったな~
    打ち切りならマッハヘッドとタトゥーハーツが好きです!

    • 匿名
    • 2015年 7月 17日

    キター\(^-^)/かなり楽しみです。早めの更新お願いします。自分は福本作品が好きですね特に銀と金かな

    • にんくう
    • 2015年 7月 17日

    今日から俺は。など西森漫画には笑いのセンスを学びましたし、話の導き方にはやはり富樫先生の幽々白書やハンターハンター外せませんよね。

    僕は実家にあるものを含め今でも40000冊は単行本持ってます!

    • ユウ
    • 2015年 7月 16日

    待ってました!!これからも楽しみに読ませて頂きます!さすがの文才とチョイスですね、知らない漫画は興味を持ちました。サムネにナイトガンダムが来た時点でワクワクが止まらない!
    大変そうですが、続き頑張って下さい!

    • おあき
    • 2015年 7月 16日

    ロックマンは?

    • みみよごし
    • 2015年 7月 16日

    これ魔塔より楽しみにしてました
    魔塔は諦めたので、これ頑張ってくださいね

    • けつ
    • 2015年 7月 16日

    僕が読んだことあるのが、
    カレカノとBOYS BEとは・・・。
    なぜが頬が赤くなります。
    100位から順位をつける根気。
    すごいです。

    • p
    • 2015年 7月 16日

    1、2位あたりにロトの紋章ダイの大冒険あるんですね

    • サイ
    • 2015年 7月 16日

    こどものころに、「なんかほしいものはあるか?」と親に聞かれて
    「マンガ」と答えたら、他にないのか? としつこく聞かれた上で
    後日、コロコロコミックを「はい、クリスマスプレゼント」と手渡しされたぐらいマンガ好きですが
    あんまり知ってるマンガなかった…。
    続きがあるかどうかはわかんないけど、楽しみです。
    自分の好きなマンガ並べて、あ~でもないこ~でもないって作業は
    気が遠くなりそうだけど、楽しそうだ。

    そういえば、オタクでひきこもりだった従兄弟がボンボン買ってたなー。

    • ゆめこ
    • 2015年 7月 16日

    カレカノ、深イイですよね!
    ビジさんが少女マンガとは意外でした。

    • エルこ
    • 2015年 7月 16日

    りぼん+ジャンプ派でした。
    花とゆめ入ってたので、少コミ、別マとか
    入ってたらいいな〜とワクワクしてきました。

    あと90本楽しみにしてますー*\(^o^)/*

    • なつ
    • 2015年 7月 16日

    こういうエピソードの記事とてもいいですね。
    私はがんばれゴエモン、SDガンダム外伝、プラモウォーズ世代です。そこからVジャンプへ移行しましたね。
    当時は単行本や攻略本を買うような財力がなかったです。来月号が楽しみなあのワクワクは少年時代のよき思い出です。

    • さかな
    • 2015年 7月 16日

    いきなり山野一きちゃった!
    四丁目の夕日は忘れられない怪書です。
    ビジネスさんは、お好きなものに
    こだわりを持ってらっしゃる方と思いますので、
    ランキング楽しみにしています。
    手塚だらけになるっていうのもわかります…笑

    • 廃料理人
    • 2015年 7月 16日

    うはw

    BOYS BEに万票!

    • 匿名
    • 2015年 7月 16日

    キター!

    • ぶりっ
    • 2015年 7月 16日

    私はコロコロ派でしたね

      • Master
      • 2015年 7月 16日

      コロコロ派が多数の中、ボンボンを愛し続けた僕は、マイノリティの苦しみを知ったのです。

        • ぶりっ
        • 2015年 7月 16日

        ボンボンはともかく
        ジャンプ読んでる奴が多い中、チャンピオンとか読んでる奴はスゲーなと思ってましたよ

    • t
    • 2015年 7月 16日

    好きな漫画100本なのか?ランキング100位なのか?
    ランキングなら、中途半端な順位の80位と79位に差をつけられる筆者に脱帽。

      • Master
      • 2015年 7月 16日

      ランキングです。
      120作品ほど選んだ後に数時間かけて何度も順位を並び替えて決めました。
      今の気分が強く反映されてるんで来年になったら入れ替わる事間違いなし。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

画像添付(JPEG only)

follow us in feedly

Twiiter

twitterはじめました 

スポンサードリンク

最近のコメント

スポンサードリンク

インフォメーション


【Amazon Link】

ドラゴンクエストXI 早期購入特典付 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて (早期購入特典「しあわせのベスト」「なりきんベスト」を先行入手することができるアイテムコード 同梱)
ドラゴンクエスト10無料体験版(PC) ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン 無料体験版[ダウンロード]